2018/04/23

入院日記5日目

昨晩は21時に眠りに就こうとしたら、
心臓はバクバクするわ、いつもの吐き気&呑気症コンボが出て結局胃液を吐くわで辛かった。
23〜24時ごろまで眠れず、面会スペースで座ってスマホをいじったり突っ伏したりを繰り返していたら、見かねた看護師さんが追加の眠剤を出してくれた。
ベッドで横になっていたらいつのまにか眠れた。
それでも起きたのは4時台。ラジオとスマホで時間を潰す。

午前中は全体ミーティングと言う学級会みたいなのがあり参加。多少の病院ルールが変わったとの説明。

昼食後 郵便局へ。
間違えて最寄りでない郵便局へ向かってしまい、無駄に歩くことに。この辺は土地勘が中途半端だからな……。ま、ウォーキングと言うことで。

昼からはうだうだ。
30分ほど作業療法に参加して、書道をする。毛筆を持ったのって、中学生以来初めてではなかろうか。

夕方不安感が強くなり、居ても立っても居られないという感じになったので、外に出る。
ちょっと遠めのサークルKに……と思ったが案の定いつのまにかファミマになっていた。
ファミマはもっと近所にあるから、別のコンビニが良いのだが。コンビニが統合を繰り返すの嫌だなあ。個性が消える。

思ったより短時間で行けたので、またほんの少し遠回りして夕食の少し前に帰る。

夕食に出た魚が不味くて、1/3程度食べて残す。 うちでは母が嫌いな魚なので、ほとんど食べない魚だ。新鮮ならまだ良かったんだろうけど。
ご飯も一口二口残したので明日朝はお腹が好きそうである。

夕方の薬を飲む時に、微妙に不安感が残るので、ナースステーションに相談する。
今薬を飲んだばかりだし、様子を見て、と言われる。

布団でうだうだ。

2日ぶりに風呂だが、怠いのでサボりたくなる。でも頑張って入った。髪を乾かすのに難儀する。

昨日聞いたら、郵便の転送は基本的にしない、時々自分で取りに帰ってもらっている、とのこと。
今後日曜日は外出届を出して自宅に戻り、郵便確認と近くの温泉に行こうかな。
自宅の風呂は水はけが悪く、徹底して拭きあげるのは面倒だ。

これから歯磨き。眠前薬。
今日はたくさん歩いたので、眠れると良いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/22

入院4日目

朝。4時ごろから目が覚め、ごそごそしてしまった。
7時前に、同室の方から起床時刻の7時までは静かに……と注意される。当たり前だな。

眠れない時間は、ラジオを聴いてみたり、治したい点を書き出してみたり、色々していた。
面会スペースでうだうだしたり。

朝食後は眠たくなり、うとうとする。この、朝8時から10時前後までの眠気もなんとかしたいことの1つ。

9時過ぎ。バイタルを取ってもらう。血圧が下がっている。大体適正値。中途覚醒や早朝覚醒があるので、コントミンをプラスするか、ロヒプノール2mgに眠剤を変更してほしいと訴える。
その後の午前中はやっぱりうだうだと

昼食。デザートにゴマプリンが出るようだったが、DM食の自分には当然出ない。代わりに出たのは甘くて美味しいカットオレンジだった。
美味しいオレンジはなかなか手に入らないよなあ……スーパーで買うのは酸っぱいのが多いよな、とか思いながら食べた。

午後は友人が車を出してくれるとのことで外出。
昨日のうちに許可を取っておいた。簡単に許可された。

出る前に看護師さんに、家から飲み残しもコントミン持ってきたらダメ?と聞くが当然のごとく却下。明日以降先生には確認するから……と。


自宅、ドラッグストア、大型スーパーと回って、必要なものを買ったり持ってきたり。



友人が精神科病院の中を見てみたいようす。面会扱いで病棟まで一緒に上がってもらい、面会場所でしばらく話をした。病室はもちろんはいれない。
先日会った別の友人の話とか、今日は病棟に人が少ない、と言う話などした。

今日は友人のおかげで時間が早く過ぎてよかった。普段はヒマヒマだし。

夕食。なぜか入院以降ご飯を一口残すことが多い。
一昨日も出たのにまた嫌いなブロッコリーが出たのに閉口。
野菜を残すと思われたくないしなー。我慢して食べる。
夕食は極端に辛いものは出なかった。昼のスープは2/3程度残すほど辛かったけど。

夕食後、まだ明るいので散歩がてらコンビニへ。炭酸水を買って、ちょっとだけ遠回りして帰る。
距離があると思っていたところが意外と近かったり、近いと思っていたところが歩くと結構距離があったり。

自宅引きこもりで4、5日風呂に入れないのは全然平気なのに、共同生活で中2日開くのは不快に感じる。外を歩いたので汗もかいたし。日中の外出をもっと長くとって、温泉にでも行けばよかったかな。


夕食後FMのクラシック楽しみに待つ。があまり集中し聞けない。

そろそろ就寝時間。出来るだけ起きずに寝たいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/21

入院日記3日目

朝3時ごろに中途覚醒。
トイレに行って再度寝ようとするが、胸が焼けて、えずきも始まった。
ナースステーションに相談するが、そういう場合の指示が先生から出てないから……と言われる。
胃酸の出過ぎだと思うので、普段は牛乳を飲んで誤魔化すか、飲み残しの半夏瀉心湯を飲んでいる、と言うと、朝の服用分の半夏瀉心湯を渡してくれたので飲む。
なんとか治ったので、FM聴きながら再び横に。昭和の歌謡曲だ。知ってる曲がない。うとうとしてきたのでヘッドホンを外して寝た。
5時ごろにまた目が覚めて、7時まではスマホ触るまいの意思を破って昨日の日記を書き、ブログ投稿。

朝ご飯
なんか少なく感じた。

朝食前に洗濯機を回しに行き、食後に乾燥機へ。乾燥機のパワーが弱そう。ハンガーやピンチを持ってきて干場に干せないか確認しようと思う。
乾燥機は90分、300円かかるからね。


昼も夜も美味しいのだが、やはり味の濃いものがある。
特に夜の一品は餡かけが辛くて、野菜を残した。

15時前にコンビニに出かけがてら散歩。30分ちょっとかな。
朝のラジオ体操とこの程度の散歩では運動不足だが……。寝てばかり、近くのスーパーでも車で行く、家にいる時よりはマシ。

後はスマホやタブレットいじってばかり。
暇である。

夕食後はN響の録音番組を聴いて時間つぶし。スメタナの「祖国」名曲だ。
一時泣きたくなった。

歯磨き、もうすぐ就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院生活2日目

昨晩は21時には寝たが(ラジオを聴きながら)、スッキリ目が覚めた!と思ったらまだ22時20分である。せめて3時ぐらいまでは寝ているかと思ったのに。要は時々やる夕寝を遅めの時間にやってしまった感じか?
とりあえずラジオをまたつけて、寝てみた。それでも夜中に何度も目が覚め、なかなか熟睡感が得られなかった。
スマホを21時以降は極力使わないようにしようと思っていたので、自律訓練法の音声などを聞くことができず、脱力系の入眠方法が使えないのはちょっと辛い。

7時起床だが、6時過ぎに目が覚めたので諦めて起きる。洗面・着替え。

タブレットで習慣になっているゲームをしてたら、見守りの看護師さんがやってきて、眠れたかどうか聞かれた。

ラジオ体操。参加者以外と少ない。一番元気そうなのが自分よりずっと年上のおじさんだった。自分は膝が痛くてジャンプができない。

やはりおかずは味が濃い目。
味噌汁は美味しい。


味付けに慣れてきたか?昼はそれほど濃いとは思わなかった。
少し茶そばが伸びていた。

昼食後横になってラジオを聞いていたら寝ていた。

13時過ぎに胸部レントゲン。
結核を持ってたらやばいからなんだろうね。

13時半過ぎ〜コンビニに炭酸水の買い出し。少しぶらぶらして30分ほどで帰還。

それにしても、近隣には本屋がない、ドリンクを買えるスーパーがない、ドラッグストアがない。
2時間外出できれば全部あるんだけどね。住宅街なのに車のない住民はどこで買い物してるんだろう。

外出後の午後はうたた寝したり、ベッドの上でゴロゴロ過ごす。

午前中作業療法に行ってみた。今日はめいめい好きなことをやる日で、ミサンガをつくったり、ジグソーパズルをしたりしていた。
私はかぎ針編み。長編みと細編みだけで作れるアクリルたわしに取り組む。
集中してやっていたら、割と早く半分作れた。
OTについてのレクチャーも受けた。

午後になって妙に無気力になったのは、OTで集中し過ぎたのかもしれない。
編み物は楽しいが、過集中に陥りやすい趣味でもあるよな。
やる気が出ない。
16時ごろからやたら空腹感を感じながら夕食時間。


魚はやや新鮮さに欠ける気がしたが(漁師町育ちは鮮度にうるさい)、レモンでうまく臭み消しができていた。

入浴の時間待ち。ラジオでN響の定演があるとの事だったが、風呂、髪を乾かすなどしていたらほとんど聞けなかった。

風呂は綺麗だった。が、更衣室が狭くドライヤー用コンセントが少ない。日によっては譲り合い取り合いになるかも知れない。

それにしても、ここの患者さん、9割まで社会性もある優しい人ばかりである。なぜ入院しているのかわからないくらい。

さて、21時。スマホを置く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/19

精神科入院日記1日目

9時30分に来るように言われていたが、9時15分ほどに病院に着いた。父母が来てくれて、車で。
父は車内に残し(駐車場が日陰でよかった)、母と私だけ院内へ。
まず血圧測定など。
主治医と面談し、入院形態などの説明を受ける。母がこの子はいい子でこんな事になるとは思ってもみなかったとかなんとか話すので止める。
同じくソーシャルワーカーさんからも似たようなことを説明されて、誓約書などにサイン。
病棟に上がって看護計画などの作成。男性看護師が荷物を運んでくれて、非常に助かった。
聞き取り中に母が横から口を出すのでいらんことを言うなと何度も止めた。

聞き取りの時に持病について聞かれるが、母がいるので糖尿のことはごまかす。入院前の外来の時に、糖尿のことは家族に秘密に、とお願いしているので、看護師さんも遵守してくれる。有り難い。


※ただし食事はDM食である。


終わったら荷物の片付けなどをする。
カミソリや先の尖った毛抜きなど。危険物を預かられる。
ただし、自己申告制なので隠し持つのは可能だな、こりゃ。
よく聞くケーブルや服の紐の取り上げはなし。パンツがゴムと紐で履くタイプばかりなので、もしかしたらゴム入れしないといけないかと思っていたが、しないで済んだ。一応ゴムとゴム通しは用意していったんだが。

スマホもタブレットも許可された。

外泊も1日なら看護師に言うだけでOK、外出も1時間までOK。

話に聞いていた精神科入院とは違ってゆるゆるである。

女性病棟だが男性看護師が3人ほどいる。精神科には多いと聞いていたが、本当なんだね。

昼から給食。朝が早めだったのでお腹が空いていた。

シーフードカレーなど。
味は美味しい。
でも全体的に糖質過多でないか?
野菜もっと出して欲しい。

そしてやって来たのはヒマ。
延々スマホやタブをいじってるのもなー。
寝ているのもアレだし。

たまに看護師さんが顔を出して、身体測定をしたり。

15時過ぎに少しだけ外出。コンビニで買い忘れのボックスティッシュを買ってきた。病院に売店はない。

昔はすぐ近所にスーパーがあったのだが、閉店してたんだね。買い物が不便そうだ。

バス3区間ほどで大きい商店街だし、100均もある。
歩いてもいけるが、1時間では帰ってこれないので、許可を取るのが面倒。コンビニで手に入らないものは面倒だな。

夕食はほうれん草のおひたしなど。これは味が辛かった。出汁醤油が多い。
昼も夕食も、味気ない薄味ではなく、しっかりした味付け。母が入院していた時の病院食を一口二口味見をしたものとは全然違う。
汁物がなかったので、塩分を無理に控えなくてもいいのかもしれない。
ふりかけを持ち込んだが、全く必要なかった。

量は多くも少なくもなく、食べた後足りないとは思わないが、日頃ダラダラと食べ物を摂取している自分はお腹が後から空いて来る。16時ぐらいがちょっと辛かった。
夕食後朝まで耐えられるか不安である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

精神科入院日記序章

この2年不調が続き、特にここ半年は悪かった。
過食がひどくなったり、生活習慣の乱れもひどかったり。
朝起きられず、夜は遅くまで眠れない
作業所の1日たった4時間の勤務がまともにできない。
怠くて怠くて、殆どの日は過眠気味で、時々短時間睡眠になっては体調を崩して寝込む。
そんな日々。
作業所との相性もあまり良くなかったのかもしれない。
売り上げをもっと上げろ、販売の努力が足りないと言う割に、製造部門の技術の底上げが後手後手に回り、売れるものを作れてない状況。
人間関係。
自分の能力不足。
かなり疲弊して、もうぐったりだった。

あまりに状態も悪く、過食のせいで内科的にも悪い。

そんな時に、主治医から入院を提案された。
1月の末くらいだったかな。
ちょっと躊躇もしたが、次の診察の時には入院したいと伝えた。
なかなか話は進まなかったが、決意が固いと分かったら、主治医も理解してくれた。

作業所は規定上1ヶ月以上の休みの場合は1度退職する必要があるので、3月末に退職した。

家族の都合などで少し遅くなったが、入院できる事になった。
クリニックに通っていたので、入院施設のある病院に紹介された。
なかなか紹介状を書いてもらえず、経済的にも困って来たので、クリニックをせっついたところ、その後は速やかに紹介状がもらえた。
(入院費用は最後の預金と、入院保険がある。)

4月16日に入院先の病院で外来、聞き取りを受ける。
血液検査と心電図も撮った。この日は自立支援が使えないので医療費が高くつき、結構痛かった。

明日(17日)からでも入院できるとは言われたが、掃除も不十分だし、生ゴミを出し切ってから入院したかったので生ゴミの日の4月19日にしてもらった。
いきなり翌日だと、保証人になってもらう親も来るのが大変だし。

16日は忙しかった。
朝イチでクリニックに紹介状を取りに行き、次は内科の病院の定期通院。
その後入院先の外来。2時間以上はかかって疲れた。
その後ハローワークにも行き、失業手当受給可能期間の延長の手続きに。
手続きは30日以上働けない時にできるとのことで、3月末に退職したのでは今月中にはできず、5月になってから郵送手続きをする事になった。

17日は掃除とぼんやりの繰り返し。荷造りは16日からしているが進まない。
18日は内科で検査結果をもらい、3ヶ月分の薬を処方してもらって来た。
病衣レンタルがない他、持参物が多いのに閉口していたが、諦めてキャリーと大型のビニールバッグに詰めた。

19日朝、親が迎えに来てくれて、病院へ。
ここからなんとか、再生の道を歩みたいなーと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/10/09

障害年金年金更新できた

診断書提出は7月。
数日前に通知が来て、次回は3年後の7月とのことだった。
少しホッとした。生活に十分な額ではないが、それでも作業所でさえフルに出勤できない身としては、貴重な収入だもの。

初回更新が1年で、今回が3年後というのが、なんとなく悪化を思わせて複雑ではある。
でも、この3年以内で生活を立て直して、なんとかこの閉塞した状態から脱出したいものだ。

年金を貰う側から、定年年齢までは払う側で。
住民税も払えるだけの稼ぎを。
社会への借りを減らして、今度は返して行けるように。

そうは思うけれど、現実は厳しい。
メンタルはコロコロと状態が変わるし、
体調も良くないし、
作業所ですら首寸前。

今日も、こんな時間に眠れなくてブログを書いているざまである。

早くなんとかならないもんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

いろいろ記録

最近全然更新していなかった。卒後10年の記事を書いたついでに、ちょこちょこと最近の出来事を。

2017年2月3日より、コンサータを開始した。
仕事があまりうまく行ってない事、ストラテラも効果の実感がないことから。
ストラテラは、漸減中止で、3/15の通院日に完全に処方中止。
ストラテラは最大1日100mg飲んでいた。

コンサータもあまり聞いている実感はないかな。
それでも、飲み忘れた日は1日ぐったりとなったりするので、飲んでいると何らかの作用はあるらしい。
本当は少しずつ増量していくものだけれど、なんだか調子が安定していなかったので、3/22(今日)現在も、初期容量の18mgのままである。少し落ち着いたら、27mgにしてみてもいいかもしれない。

3/15、ストラテラを完全に中止してもらうのに合わせて、薬を少しでも整理したいいと訴えて、リーマスを中止にしてもらった。200mgだけ飲んでいたわけで、効いているんだかいないんだか分らなかったし。

3/15現在の精神科での処方:
ラミクタール200mg、ピーゼットシー8mg、コンサータ18mg、デジレル50mg、リボトリール0.5mg、メチコバール50μg、ロヒプノール2mg、コントミン12.5mg(頓服)

相変わらず多いね。コントミンに関しては、毎日飲んでいるわけではないので、そろそろ一時的に中止してもらわないと、かなり余ってきた。


体調は、年末年始はかなり良かったのだが、2月になって急激に悪化。父は昨年から入院していて、リハビリ中だったし、母も1月に手術のため入院していたし、見舞いやお使いでかなり疲れてきていたのだろう。
幸い、2人とももう退院したけど。ただ、高齢になってきているので、生活には不便も出てきているようだ。

あまりに体調が悪いので、3/6~3/15までは診断書を書いてもらって、作業所を休んでいた。その後も、結構休みがちの日が続いている。
ストレスで気持ちが悪く、吐き気などが続いた日もあった。昨夏から勧められていた(萎縮性胃炎があり、経過観察するのが望ましかった)胃カメラをしたところ、十二指腸潰瘍が見つかったりもした。これは薬物治療することに。


自分の疲れもそうだが、作業所通いが辛い理由に、作業所での売上を上げろとの檄とか、度重なるコミュニケーショントラブルの指摘にノイローゼ気味になってしまったのとかもある。
どうも、自分の発言はトゲがあるらしく、柔らかい言葉で、相手にとってきつい、刺さることを言っていたりするらしい。ほかに、不適切なタイミングで人に意見をするとか、不適切にしゃしゃり出た発言をするとか。正論を言っているけれど、タイミングが悪い、結果的に自分の首を絞めることになっている、とか。

うちの作業所、安からぬ商品を扱っている。
ある時、品質表示に関して、聞き間違いでから私がミスをした(値段が大きく変わるし、客にも失礼。信用問題でもある)。売れる前だったので、慌てて引っ込めて訂正することになった。
その1日か2日後、別の利用者Aが、商品の品質に関して、思い込みで品質を定めようとした。
そこで、私がAに注意をした。似たようなものでも、全然違うものだから、見た目だけで判断をしたらいけない。判断がつかないものは、製造者に確認を取るように、という感じで。

それはタイミングが悪い、いうべき時ではなかったと職員は言う。作業所職員の指摘は多分正しい。
でも、それではどう振舞えばいいのか?という点で自分は思考停止するしかない。その時私が言わなければ、誰が・いつ言うのか、と思うだからだ。

これを言っておかないと、Aが今後も自分の判断だけで事を進めてしまうおそれがある。その時間違って物を覚えてしまうと今後困る、と思った。それは事業の信頼性にとっても、Aにとっても損失だと思う。

それぞれの利用者には、段階を踏んで、折を見て間違いの訂正はしていくから、と職員は言う。でも、2回目の間違いをするときに、たまたま職員が気付けるなら良い。だけど、その可能性は高いとは思えない。

自分が間違えたこと、それは反省するべきことだ。直前に間違いをやらかした人間に注意されることは、注意された人間からしたら不愉快なことだ、というのは、後で思えば理解できた。でも、その時以外で、注意するのに適切なタイミングがあるのか、と考えた時に、自分には思いつかない。

そんなこんなで、ぐるぐる、ぐるぐるしたりした。

今日はクリニックに臨時受診。
仕事でコミュニケーショントラブルばかり指摘されてまいっている事を話した。
これまではあまりはっきりと主治医から言われた事は無かったのだが、そこまでトラブルになりやすいのならば、転職も考えた方が良いかもしれないね、という話をされた。
障害者職業センターなどにも相談して、もっと自分に合った仕事場を探した方が良いかもしれないね、と。


作業所から、心身の調子が安定しないことから、度々転院やセカンドオピニオンを勧められていた。
長年の蓄積があって、初めて自分の不安定さが医師に理解してもらえる、と思っていたので、全く乗り気でなかった。
しかし、こう人との間で齟齬が生じるのならば、なんらかの手を考えないといけない。カウンセリングを始めたり、認知行動療法はどうだろう?と思った。

で、この話も主治医にした。主治医は、自分もなかなか手の及ばない所があるから、転院するのならばそれもありかもしれない、その場合はちゃんと取り計らう、と言ってくれた。自分がうまく書けないけれど、私に見捨てられ感を覚えさせるいい方は一切しなかった。
何かこれ、というビジョンが打ち出せる病院にかかれるといいんだけどね、という感じの事も言われた。

カウンセリングは、カウンセリングの目的をはっきりさせなければいけないね、と言われた。自分の内面に関する事なのか、折々の状況に合わせた対応を考えるSSTのようなものを受けたいのか、と。
まあ両方ですよね……と答えておいた。

今の病院で受けるにしても、他院で受けるにしても、まずはカウンセリングの順番を取るのが難しいよね、とも言われたな。まあ、これも納得のいく話ではある。

おいおい、考えていきましょう、という事になった。

作業所へは、今日は病院の後で出勤し、転院の相談をしたこと、場合によっては転職した方が良いかもしれないと言われたこと、などを話しておいた。
今やっている仕事に目途がつくまで辞める気はないけど、一定目途がついて、他の人が出来るようにマニュアル作成出来たら、その時は退職を考えさせてもらうかもしれない、と。

コミュニケーションに関しては丁寧な説明をされた。わかりやすく説明してくれていることも、理屈も判った。でも、コミュニケーション不全に自分の中で折り合いはついてないけどね。
仕事は、人手の問題とか、経験の問題とかで、今やめられるのは痛い、と言われた。私を買っている人もいるのだし、できれば続けてほしいと。仕事はいくらでもやり込み出来ることだから、目途がつく事は無いよ、とも。
私の指摘していることも、徐々に改善していくだろうから、もう少し長い目で見たら多分何とかなるんじゃないか、とも。

仕事コロコロ変えるのも億劫だし、欠勤が多いのを大目に見てくれているのも今の職場ならではだし、続けられるなら続けたいけどね……。いろいろ自分の中で折り合いをつけたり、ストレスを発散したり、これ以上自分を追い込まないで済むことを考えないと、難しいよなあ。

他、最近自分で動いたことと言えば。
発達障害者支援の施設に登録をしたこととか(相談が受けられたり、サロンで交流が出来たりする)
地域生活支援センター ?とかがやっているカフェで、どんなことをやっているのか聞いてみたりとか。カフェに客としては時々行っていたのだが、どうも内容がよく判らなくて参加できずにいたのだ。
話を聞いてもらう場、「家族、ごく少数の友人、作業所」といった閉じた人間関係の外と触れあってみてもいいかな、と思ったりして。

停滞しているような、動いているような。そんな最近。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10年の節目

http://bluedays.tea-nifty.com/my_blue_diary/2007/03/post-0546.html

大学の卒業式は2007年3月。
バタバタしていたこともあったのか、卒業式当日にはブログを書いていなかった。
ふと気づけば、卒後10年の節目を迎えていた。
卒業式の日付なんて忘れていたけれど、ネットで調べたら出てきた。
そこで、自分の記録みたいな意味で、過去日付でブログ記事を書いてみた。
3月には、毎年思い出すことだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/01

イフェクサーSR追加

何だかもう訳が分からなくなってきているが。
前回診察日が先週の金曜、11/25。あまり調子が良くないことを話した。気分の波もあるし、と。それで、リボトリール0.5mgが追加された。
土日位は、少し肩の荷が軽くなったというか、すこーし楽な感覚があったが、月曜日にはそんな気分は蒸発。

考えがまとまらないことが度々あり、火曜日は午後からかなり苦しかった。翌水曜日(昨日)は無理やり出勤したものの苦しく、何もできない。30分ほど椅子に座っていたが、早退した。軽い希死念慮もあり。

今日は出勤できず。希死念慮は今日はなかったが……。代わりに過食。多分3000kcalくらいは食べているんじゃないだろうか。病院に臨時で受診させてもらい(この段階では過食はさほどではない)、きついことを訴えた。

きつい事の原因に、作業所の長のやりようを上げた。主治医も、別の患者が以前に同じことを理由に辞めたことがあると言っていた。あまりにきついのなら、離れることも必要かもしれないね、という感じで言われた。辞めるっていう意味のことをはっきり言われたのは初めてかもしれない。

あまり調子が良くなさそうなので、という事でイフェクサーSRが追加になった。朝の処方なので明日から飲む。SSRI,SNRIはこれまで相性が悪かったので心配だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/26

ストラテラ50mgになる

昨日が通院日。昨日は朝異常に調子が悪く、作業所のトイレに籠ってポロポロ泣いていたりした(人前で涙は見せてない)。その後すぐに落ち着いて、昼前にはけろっとしていたんだけど。

病院では1時間半以上待つ。先週土曜日に腰というか背中というかを痛めたため、座っているのが結構辛かった。首を痛めたというか、スマホ首というか、最近ずっと下を向いていると気分が悪くなる。待ち時間はというと、スマホで時間つぶしになるので、これまた負担がかかってしまった。

先生とは、調子があんまりよくなくて……波もあるし、などという話をする。
作業所で、頻繁に休むな遅刻早退するなという話をされて、ちょっと辛い、などという話も。

先生から、あまり調子がよくなさそうで、波もあるから、リボトリールを追加してみてはどうだろう?と提案された。0.5mgを眠前に追加。何か変わるのかな。

ストラテラを40mg→50mgにしてもらった。一気に80mgでも良かった気はするけど。少し余分を作ったので、実際に50mgにするのは2,3日後になるけど。

今の薬:ラミクタール200mg、PZC8mg、リーマス200mg、デジレル50mg、ストラテラ50mg、リボトリール0.5mg、メチコバール1,000μg。
いろいろ疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/17

ストラテラを40mgに

今日からストラテラを40mgにすることに。朝20mg、夜20mg。何か変わるかな?
今のところ大した手ごたえはない。ちょっと、いつもより周りに気付きやすいような気もするけれど、気のせいかもしれない。
効果が出てくれると良いのだけれど。

作業所になかなか安定して通えなくて、今日も半日休んでしまった。
もう一般には戻れないんだろうなあ。
あと10年若ければね……もしかしてやり直しも聞いたかもしれないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/12

ストラテラ40mg/dayに増量&メチコバールについて

昨日が精神科の通院日。ストラテラが20mg/dayから40mg/dayに増量になった。
予備を作るため、「意図的飲み忘れの日」を作るので、2日程度は20mgで飲んで、その後40mgにしようと思っている。
予備を持っておくのは保険制度的には正しくないのかもしれないが、何時災害が起きるかもしれない昨今、予備がないと不安である。
今のところ何も変化はないが、いい方向に転がってくれるといいなと思っている。

ところで、メチコバールを処方され始めてから、ちょっと睡眠の問題が解消されてきている気がする。
最初に貰ったのは神経内科、整形外科なのだが、正直投薬しかできないし、すぐに悪化もする病状でもないし、それなら精神科でついでに出してもらえば、と思い今回は精神科で出してもらった。
睡眠が安定すれば、それだけ体調も安定するわけで、ちょっと望みをかけたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/05

ストラテラの効果

まったくもってストラテラの効果の実感がない。副作用も別にない。
ただ、昨日あたりから微妙にうつっぽく、やる気の出ない感じがしている。昨日は作業所を休み、スーパーに行ってATMで通帳の記帳をした以外、1日寝ていた。
今日も、入院中の父の見舞いに行って、スーパーで買い物をした以外は、特に何をするでもなく、寝ている時間が長かった。
昨日も、今日も過食をしてしまったし……。いい加減にやめないと、本当に合併症が出てしまう。

なんだか疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/01

ストラテラ

相変わらず9月は鬼門で、結局出勤日の半分も出られていないような感じ。
10月もグダグダしているうちに終わってしまった。
最近、作業所の方で、言葉がきつい、他の利用者と火花を散らしていて周りが困惑している、利用者の域を出すぎた発言をしている、などの指導が入った。
自分に自覚がなかっただけに、人に不快な思いをさせていたことがショックで、結構弱った。

それと前後しているが、10/29の診察日に、ストラテラを出してもらうことになった。

私の入所後に、ADHDの年下の男性が来たのだが、その人からいろいろ話を聞いた。彼には効果があったようで、以前に比べて感情の爆発が起きなくなったとか、穏やかになった、みたいなことを言っていた。

1か月ぐらい前の診察日だろうか、ちらっと主治医がコンサータ出してみようか?とか言い出して、でも言ったきりになっていて、ということもあった。

コンサータでも、ストラテラでも、どっちでもいいから試してみたい。無自覚だけど発言がきついようで……という話を主治医にした。結果ストラテラが出た。
 
説明がないので、私が薬に弱いせいだか何だか判らないが、なぜか10mg*朝晩の計20mgからの処方。1日40mgから始めるんじゃないの? と思ったが、まあそこはこれから増やしていけばいいか。ただ、しっかり訴えないと、主治医は薬の増量を途中でやめてしまうことがあるので、うかうかしないように気を付けなければ

前述の男性には、「20mgじゃ副作用しか出ないのでは?」みたいなことを言われた。「笑ってしまうほど何も起きない。変化ない」というと、「何も起きなくするのがむしろ薬の作用でしょう」と言われた。ややかみ合わないのだが、まあ面白い返事だなと思った。とりあえず、体感できる副作用はない。むしろ食欲不振が出てくれれば助かるのに……などと思ったりしている。

とりあえず、体調を整えて、一般に戻れればいいのだけれど、もう無理だろうな。


10月半ばごろから、右半身が顔から、腕、手指、足までしびれが発生して、怖くなって病院を転々と回ってしまった。
耳鼻科で副鼻腔炎の検査、脳外科で脳のMRI,、歯科で歯茎の異常の確認。ここまで異常なし。
しびれということで、神経内科に行ったら、糖尿病性の多発性単神経炎の可能性が一番高いのではないか、とのこと。メチコバールを処方される。
いつも行っている鍼灸院でしびれを訴え、首からでは?と言われる。首周りを施術してもらうと、確かに症状が和らいだ。
首から、ということで整形外科へ。CTで首の下のほうに骨棘?があるのが判明。MRIを取ろうということになったが、そこの病院では取れず、CTだけでリリカとメチコバールが処方。
とりあえず、首からならめまいも気になるし、わかる範囲全部知っておきたいという気持ちもあり、MRIが取れる病院の整形外科に受診する予定。

この流れの中で、精神科の主治医には、ちょっと不安が出ているようだね、と言われた。実際に症状が出ているので、と言っておいたが。

整形外科は、有名な医師は予約がいっぱいなようで、診てもらうのがずいぶん大変そうである。とりあえず明日行ってみるけれど、

※11/5気づいたとこだけ誤字修正。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/28

体調は安定しない

 たかだか1日4時間、週に5日の作業所勤務だが、なかなか毎日続けて通うことは難しく、週に1回程度は休んでいる感じ。人が少ないので首にはならないだろうが、充足してしまったら優先的に辞めさせられるかもしれない。頑張らないと……。
 昨日今日も休んでしまった。先週は久々に5日連続勤務できたんだけどな。


 前回、6/17が通院日。待合室がガラガラで、何か間違えたか?(休診とか、診察時間切り上げ)と思うほど。前々回よりはちょっとはましだ、とか、どうも睡眠が安定せずジェットコースター状態だとか話した気がする。あと、どうもこの3,4週間ほど喉に違和感があることがあり、気になるという話もした。
 主治医としては、これというほど活力が出てない感じでもあり、もうちょっと上げたいね、という感じ。
 私のほうから、「試しにラミクタール増やしてみましょうか? 長いこと150mgで固定しているけど、200mg位に」と言ってみる。「ラミクタールか……なんか良いように思わないんだけど。薬価高いし……」などと言う主治医。主治医は、どうもラミクタール好きじゃないようだ。やにわにピルブックを取り上げて、用量の確認を始める主治医。「まだ増やせるね。ひとまず175mgにして、次回以降200mgにしましょう。急な増量はよくないから」との事。意外と、薬の用量のこと知らないんだなーとか思った。精神科の薬なんだから、頭に入れておいてよ、、とも思った。
 とりあえず、ラミクタールを増量してもらい、前々回出してもらった半夏瀉心湯を、いったん止めてもらう。
 喉の違和感のことで、ヒステリー球の可能性があるから、半夏厚朴湯を出してもらおうと思っていたが、出してもらいそびれた。とりあえず、耳鼻科でもてもらってからのほうが良いかな。


 ラミクタール増量の効果は、先週は出ているのかなーと思ったが、今週はダメなので、調子が良いのも波のうちか……と思う。ただ、一つだけましなのは、炭水化物の過食をしなくなったことだな。パンとかお菓子とか。
 おかずなんかは作ったら作っただけ食べてしまうので、全然ダイエットにはならないのだが、それでも、ずっとましである。このまま甘いものへの渇望感が断てたら、色々楽になるなあ、と。検査の数値もよくなるだろうし、財布への負担も軽くなる。もう少し、様子見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/17

高波

6日に通院。4月末、ちょっと嫌なことがあり、調子を崩して寝込んでいたことを話した。自分の責任なので、落ち着くのを待つしかない感じ。
一応回復して、作業所にも行けるようになっていたのだが、11日位から急に眠れなくなり、不安感が強くなり、倦怠感が出、とまた不調に。13日午後までは何とかもたせたが、14日の半日開所は出勤したものの仕事ができずすぐに帰る。
 13日は、両親がうちに泊まるとのことで一部屋開けて(今の部屋は贅沢にも2K。設備古いけど)寝かせた。自分は別の部屋で寝ているのに、眠剤を飲んでも26時ぐらいになっても寝付けずうだうだうだうだとしていた。眠気は来ないし、不安感で居ても立っても居られないし。枕を抱いて壁にもたれかかってぼーっとしたりとか。
 14日は朝、父がパン(前日買っていたのだが、すでに私が食べてしまっていた)、パンとうるさい。半分寝ぼけた頭で、ベサン粉(ひよこ豆の粉)でパンケーキもどきを作り食べさせる。おいしかったかどうかは不明。味をつける前に母が父の所へ持って行ってしまったので。ゼロカロリーシロップか、カレー粉かをかけて食べれば良いのに。母は朝食要らないとのこと。自分が部屋を出るのと同時に両親も追い出した、というか少し離れた場所にある格安駐車場に連れて行った。その足で出勤するが、上述の通り仕事にならないので帰ってきた。日中は横になっていた。夜は寝つきは遅かったが、一応寝た。
 15日。調子が良くない。うだうだしながら1日を過ごす。久しぶりの希死念慮まで起き、完全にうつが入ってしまったな、と思った。
 16日。朝起きたが出勤できる状態でない。クリニックに電話をしたら幸い11時半~診てもらえるとのこと。作業所には連絡を入れて休む。行けたら午後には行く、と言ったが結局行けず(薬局出たら13時過ぎてたし)。

 クリニックでは、不安感と希死念慮が出たこと、睡眠がよくないこと、PZCが量を飲んでもあまり効かないことを訴える。先生もPZCの代わりの薬を考えてくれるのだが、マイナーは私が眠くなり頭が混乱すると嫌がり、抗うつ剤は効果の実感がないと言い(既に今までにかなりの数の抗うつ剤は試している)、メジャーは内科的に新規薬は難しく、眠気が嫌なら旧来薬も向かない、と薬がない。
 考えた末に抑肝散を出してくれた。前、内科で出されたときに効果を感じなかったんですけど……と私。とりあえず今回は試してみて、だめならまた他のを考えるから、と先生。

 抑肝散は、不安感には大して聞かなかったが、夜寝つけるようにはなった。吐き気がしたときに、半夏瀉心湯を2袋いっぺんに飲んだら、急に不安感が収まった日があったので、比較して半夏瀉心湯のほうがいいならそっちにしてもらおう。抑肝散も悪くないけどね。

 今日はそれでも朝起きられず、午後からの出勤にさせてもらった。いろいろ物忘れをしていたが、仕事は多少できた。何分2時間ではできることに限りがあるけど。

 精神的に不調になるととにかく炭水化物や脂質が取りたくなるのは考え物である。パンのやけ食いを連続でやってしまった。体にも良くないし、経済的にも厳しい。せっかくこのところ検査数値改善していたのにな……。

 次は金曜日が診察日なので、落ち着けると良いんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小麦粉を使わないお好み焼き

ちょっとでも炭水化物を減らそうという試みの一環で、ベサン粉を買ってみた。ひよこ豆の粉のこと。
ベサン粉も必ずしも炭水化物が少ないわけではないが、繊維質は多いし、たんぱく質も取れる。

普段は面倒で水で溶いて重曹を入れたり入れなかったり、卵を入れたり入れなかったり、適当にそのまま厚めのクレープのように焼く。味は甘味料か、カレー粉か、ジャムか。やや豆臭いが、匂いが気にならない人ならいろいろな味付けで楽しめると思う。カレー味が一番とっつきやすいと思う。

しばらく前にお好み焼きの粉代わりにしようとして、生地が緩すぎてひっくり返すこともできず、失敗したので、リベンジせねばと思っていた。

ちなみに、ベサン粉は、水に溶くと妙に嵩が減ってしまって、これっぽっち?と思うくらいになる。焼き上がりは重めなので、水に溶いた時の量でなく、溶く前の量を見たほうがいい。

で、お好み焼きのリベンジ。別にお好み焼きを作る気はなかったのだが、ここ数日おかずを作る想像力がなく、あまり考えなくても済む料理をと思ったらお好み焼きになっていた。

前回はつなぎの山芋が無いのが敗因だと思ったが、山芋もできれば晩は避けたい。
そこで、先日買ったサイリウムを混ぜてみることにした。
ベサン粉約100g、サイリウム約大さじ1杯、卵1個で生地を作る。
最初少ない水で捏ね(一度に多く水を入れるとだまになる)、少しずつ伸ばしていく。
卵を入れてさらに混ぜる。 普通のお好み焼きの生地の緩さでいいと思う。
コンソメ顆粒を入れる。
ソースがないので、カレー味にしようと、カレー粉、ターメリックパウダー、クミンパウダーを適当に放り込んだ。

キャベツの葉を4枚ほど荒めのみじん切り、ニンジン(小)を半分ほど太い千切り(スライサー使った)、エノキ少々を荒く切ったもの、ベーコン2枚ほどの細切り、これらを混ぜる。

ここまででお好み焼き2枚分くらいできる。
玉ねぎのみじん切りを入れても甘くていいと思う。

これらを生地とよく混ぜて、フライパンで焼く。私は蓋をして蒸し焼きにした。
弱火で焼かないと焦げる。1枚目は裏が真っ黒だった。
ベサン粉は火が通りやすいらしい。カレー粉が入っているのでなおのこと焦げやすいのだろう。
中身が火の通りに気を使わなくていい素材ばかりなので、生地に火が通って、ひっくり返せるようになったらひっくり返す。
両面で10分も焼かなくていい気がしたが、計ってない。
本格的なお好み焼きのように、豚肉などを一緒に焼くときは火の通りに注意しなければいけないと思う。


マヨネーズを塗って食べた。
今回はちゃんと生地が固まったので、一応お好み焼きらしいものができた。
今度は和風だしとかで試してみるかな。ベーコンの代替になるものが必要だが。


ちなみに、サイリウムを買ったのは下記のレシピが食べたかったからである。

低糖質!サイリウムでわらび餅(*^^*)
http://cookpad.com/recipe/2752737

甘味料はエリスリトールをレシピより大目に使ったのだが、本当にわらび餅と遜色ない触感でおいしかった。
あと、以前に作ったことのある、手作りわらび餅の粉より、遥かに後片付けが楽だった。(わらび餅の粉は鍋に分厚く張り付いて、たわしでもなかなか取り切れない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/02

早々のダウン

 18日からA型作業所に通い始めたのだが、当初朝必要以上に(2時間以上とか)早く目が覚めたり、夜も変な夢ばかり見て眠りが浅かったりと、眠りの質が良くなかった。
 ちょっと慣れてきたかな?と思ったら、今度は朝吐き気に襲われたりとか、起きるのが辛くなったりとか。ろくでもないことばかり。
 で、27日の朝、どうしても起きられず、午後からの出勤にしてもらった。28日は出勤したものの、前の晩も睡眠状態が悪く、朝からクラクラして仕事ができる状態でない。朝の2時間を横にならせてもらったが、午後になっても動けるような状態ではなく、結局早退。
 29日は欠勤。延々と寝る。本当は30日に実家に帰る予定だったのだが、29日の夕方に母に迎えに来てもらうことになった。
 30日、1日は姪っ子が弟夫婦とともに帰ってきたので、幼子パワーでちょっと気力を充電はしたものの、かなりの時間眠っていた感じ。
 1日は朝、弟夫婦が自宅に戻るついでにちょっと遠回りしてもらい、家まで乗せてもらってきた。で、その後13時ごろからずっとだらだらだらだら眠っていた。

 今日は朝何とか目が覚めたものの、動く気力が起きず、ものすごく頑張ってシャワーを浴びた。何度か座り込みそうになりながら、シャワーを終わらせた。その後も座り込んだり、気力を振り絞ったりしながら昼食用の味噌汁を準備し(ご飯は冷凍保存の炊き込みご飯をレンチン)、栄養ドリンクを飲んでなんとか自分をごまかして出勤。
 出勤後はなんだか慌ただしくなって、いつの間にか辛さを忘れていたのは良かった。
 しかし、昼食後急に胸がむかむかして不安が強くなり、身の置き所がないような感覚に襲われる。自分の中でいうところのプチパニック。PZCを飲んで、深呼吸をしてみたり、車で一人になってみたり(暑かった……)、いろいろして2,30分で何とか落ち着く。これまた苦しかった。
 午後は不調から戻った後は普通に仕事ができた。帰りの時間になるとなぜか時間が足りない。
 
 帰宅後、買い物に行こうとすると、車のカギが分解して壊れてしまう。以前からヒビは入っていたのだが、パキっと壊れてしまうとは思ってもみなかった。がっくり来る。鍵が回ることは回るのだが、つまめるところが小さいので指先に力がいるのだ。溜息つきつき、買い物をすませる。ディーラーに電話したら、購入店かディーラーの実店舗に行ってみてくださいとのこと。まだ時間に間に合うからと慌てて店に行く。
 キーレスを再作製するとなると、17,000円弱ぐらいするとの見積もり。普通のカギを作ってもらうことにする。これが2500円弱。4時間弱ぐらいの労働だな。今日1日の労働に近いわけで、悔しいが仕方がない。出来上がりは6日とのことで、また出かけていかなければならない。まあ、仕事場からいけばそう遠くはない。でも、その日病院なんだよなあ。受け取りは翌日になるかな。
 中古車を眺めて(見ていたらもちろん営業された)、車検7月だし、近いよなーと思いながら、年式の浅い車は到底手が出ず、どうしたものかと思いつつ帰宅。

 ディーラーから帰ってきて、炊き込みご飯がなくなってきたので、新しく炊く。どうも不成功である。味付けは薄いし、固めの炊き上がりだし。味付けはまあ、減塩と思えば我慢もできるし、どうせ汁物をつけるので食べられなくはない。問題は、4合分炊いてしまったことで、タッパーに12食分くらいできた。朝昼食べても1週間イマイチなご飯を食べるのか……と思うとちょっとね。今晩はお米食べないようにしてるしなあ(代わりに仕事帰りにパンをやけ食いしたことが……)。

 さて、早寝を心がけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/18

初日

今日は初出勤。日付が変わるまで眠れなかったのに、朝6時前に目が覚めてしまう。昼食を準備し、もう1回寝ようとするが不成功。布団の中ででうろうろしながら時間が来るのを待つ。
自分は自家用車で出勤。朝は比較的早めに出て、始業25分前に着いたのだが(朝礼とかやるので15分前には出勤を、と言われていたが)、職場に着いたらほぼみんな出勤していた。送迎車が出ている関係上、早くなるようだが、みんな早すぎだわ。

忘れものだらけなことに気付く。スリッパは用意してないわ、印鑑はないわ。やれやれ。

自己紹介して、仕事開始。といっても、化粧箱を折るとか、クッション材を切るとか、そんなもの。化粧箱折るのって結構難しいんだな。ものすごく時間がかかった。でも、1枚の紙から頑丈な箱が折りあがり、しかもさほどの力もいらない。ほぼ直角の長方形が折りあがる。この紙、よく設計されているなーと感心しながら折っていた。まあ市販品ぽいけど。

昼は箱折りでつぶれ、午後にクッション材とか包装用紙のカットとか。超絶不器用なのでまっすぐに切れない。保育園児のころから進歩がないよな、と思う。でも、保育園の時と違って今は道具も進歩し、ローリングカッターとかも使えるので、まだましか。

のたのたと作業し、ちょっとだけ書類を書いたり。

帰りにサンダルを買いに店により、帰ってきたらぐったり。寝たいのだが、なんか寝付かれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«国民基礎年金支給決定